野菜サンドとたまごスープ

a0305576_20423751.jpg


夜食に。
サラダ菜とたまねぎとトマトとチーズでカロリーおさえめサンドイッチ。

スープはお湯を注ぐだけ。
大江ノ郷自然牧場のこだわりが作った天美卵たまごスープ
かつおとホタテの天然だしだから、
和食や中華に合うのはもちろんだけど、パンや洋食にも合う~。
あったか、具だくさんでおいしい♪



大江ノ郷自然牧場ファンサイト参加中




[PR]

# by tree788 | 2013-09-16 21:20 | パン

『カルビ豚丼の具』で手巻き寿司

とれたて!美味いもの市の『カルビ豚丼の具』で手巻き寿司。

a0305576_184515.jpg

シンプルに玉子といっしょとか。

a0305576_1852854.jpg

キムチもいっしょとか。
いろいろ作ってみたけど、全部おいしかった。

豚肉にいい味がついてるので、あれこれしなくてもだいじょうぶ。

a0305576_1863520.jpg

最初白いご飯で作ってたんだけど、
途中「あっ」と気付いて、ごはんのたれを混ぜてみた。
しっかり味がついてなくても、
ほんのりごはんにたれがまぶしてあるくらいで充分おいしい♪



十勝名物 豚丼の具(カルビ)8食
とれたて!美味いもの市ファンサイト参加中
[PR]

# by tree788 | 2013-09-15 18:12 | ごはん

やない製麺の桜めん


a0305576_18443561.jpg


国産の桜の葉が練り込まれた桜めんと、手縒(てより)めんをつけつゆで。
味の違いを楽しんだり、のどごしや風味を感じたりして、おいし~♪

ほんのりと桜色が彩りを添える桜めんは、白い手縒めんと同じく、
やない製麺独自の手延伝承技法によって丹念に作られた逸品。

天然記念物の【三春滝桜】や、見事な桜が咲き誇る名所も多い福島の、
美しい桜をイメージした麺からはほのかに桜の香りもして、
それはちょっと桜餅の匂いに似ているような・・。

だからなのか、やさしくかわいらしい色のせいなのか、小さい子供にも人気で、
「これ好き♪」と桜めんばかりが食べられてしまう。

コシのある手縒めんだけれど平たい細めんなので、お年寄りにも子供にも食べやすくて、
こんなふうに紅白めんにしたら、お祝いの席にも喜ばれそう♪

日本人にとって桜は特別な花。
春の門出や、さまざまな人生の転機・お祝いごとなんかにも、
贈ったり贈られたりしたらうれしいだろうな。



日本を応援するお買い物サイト「日本きらり」
日本きらりファンサイト参加中




[PR]

# by tree788 | 2013-09-14 09:09 | うどん

とれたて!美味いもの市の『十勝名物 カルビ豚丼の具』

北海道の十勝・帯広あたりに『豚丼』なる食べ物があると知ったのは、
つい2、3年前のこと。
おいしそーでたまらなかった。
どんぶりの上いっぱいに盛られた豚肉の照り。
いつか食べたいと思っていたら・・

a0305576_18482972.jpg

やっぱり豚丼はテカってる~。

テレビショッピングでおなじみの、とれたて!美味いもの市の『カルビ豚丼の具』

a0305576_1812391.jpg


このカルビ豚丼の具は厳選した豚バラ肉を秘伝のタレに漬け込んだもの。
赤身と脂肪が交互に層となっている部位は、
柔らかくコクがあってジューシーさが人気♪
からんでいるのは【コク】と【旨味】が自慢の醤油ベースのオリジナルタレ。

小さいのはごはんのたれ。
こちらは豚骨ベースに利尻昆布のダシをミックスして、
まろやかですっきりした甘さに仕上がってる。

作り方は簡単。
ごはんの上にごはん用のたれをかけて、
解凍した豚肉をフライパンで焼いてのせるだけ。
パパッと、あっという間に、北海道十勝の豚丼が出来上がり。

ごはんといっしょに頬張るカルビ豚肉の味がおいし~♪
食べながら、ご飯の上に千切りキャベツをしいて、
豚肉をのせてもおいしいに違いないと思った。

写真は小どんぶりなんだけど、1人用の半分の豚肉で出来てて、
女性や子供なら満足の食べごたえ。
1人用といっても、けっこうたくさん入ってていいな♪



とれたて!美味いもの市ファンサイト参加中




[PR]

# by tree788 | 2013-09-13 16:43 | 肉のおかず

『たまねぎと塩』で春雨サラダ

ピエトロドレッシング「ママ&キッズ たまねぎと塩」
野菜ぎらいをなおそう(食育活動)。
ってことで、ピーマンとしいたけに挑む。
子供が嫌いな野菜の1位はピーマンらしい。
しいたけは大人でも嫌いな人いるし。


a0305576_18540044.jpg


いろいろ入れて春雨サラダ

ピーマンとしいたけを切って、『たまねぎと塩』をまぶしてレンジでチン。
加熱と同時に『たまねぎと塩』で下味をつける。
これでピーマンはすごく食べやすくなって、嫌いな人も食べれた。
でも加熱しすぎると、ピーマンの色が悪くなるので注意。

戻した春雨とふんわり作った炒り玉子と合わせて、
『たまねぎと塩』で和えたら出来あがり。
トマトで「赤いお花が咲いた♪」などと言って気をひきつつ・・
お食べお食べ。

わたしにはピーマンの苦みもしいたけの味もおいしくてたまらない。
おいしいと思う野菜の特徴を消さないといけないのがちょっと悲しいけど、
食べられるようになる入口になるのはいいこと。
ドレッシングの味がいいから、簡単においしい春雨サラダになるんだけど、
具材をあえて嫌われ野菜にしたのに、みんな食べてくれてよかった~。



ピエトロファンサイトファンサイト参加中

ピエトロドレッシング「ママ&キッズ たまねぎと塩」




[PR]

# by tree788 | 2013-09-11 09:58 | 乾物のおかず